Saqoosha

  1. About
  2. Archives
  3. Search
  4. Say
Language:

DCL RACE #1 DRONE PRIX MUNICH

行ってきました Drone Champions League 1 @ ミュンヘン。いやーーー、めっっっちゃ楽しかったけど、めっっっっっっちゃいろいろハードだったけど、めっちゃたのしかた? そして結果は 1 日目が全 8 チーム中 2 位!、2 日目が 3 位!、総合ポイントで去年の王者 NEXXBlades に次ぐ 2 位!すごい?1 日目の 2 位は NEXXBlades ぶったおしての 2 位、すごい)

DCL 出てみたいなーあんなトラックでレースしてみたいなーなんて軽く考えてたけど、実際体験してみたらこれすげぇ難しい競技だわ。すんごい厳格なレギュレーションに基づいて運営されてて、DCL で飛ばせるドローンを作るのがもう大変。観客に見せる(魅せる)のが重要なので最低サイズがデカい(一般的なレース機の 1.5 倍)、めっちゃ明るい LED をのっけないといけない=重い(最低でも 780g にしないといけない。一般的なレース機の 1.5 倍)バッテリーの消費が激しいモーターとか ESC とかプロペラの選択がシビア事前のテスト・調整がめっちゃ重要、かつ現地で実際のトラック飛ばしたあとその結果によってセッティング変えれるようにオプションちゃんと用意してく、とかとか。パーツが入手しづらい日本でこのへんちゃんとやろうとするとかなり時間に余裕ないとムリー。チームに専任のエンジニアがいないとパイロットが練習以前に消耗しちゃう?

今回わたしはチームマネージャー兼補欠パイロットとして参加していたので、もしかしたら練習ぐらいは飛ばせる機会あるかなーあったらいーなーとふんわり思ってたんだけど全くそんな余裕なかった? 向こうついた初日に、もー、これはサポートに集中しないとマズそう感あったので切り替えた(おとな~)。ライブ放送してるのでパイロットは指定の時間に待機場所にいないといけなく、そうすると機体の整備時間もほとんどなくてパイロットがそれをやるのは結構キツい。あとマネージャーの重要な仕事がレース中のトラブルに対する抗議(protest)。ならかのルール違反があったとか機材トラブル(DCL 側の問題で映像が乱れたりブラックアウトとか)があった場合、抗議して認められれば再レース(re-run)ができるんだけど、その場で状況把握して英語でジャッジに伝えて  protest sheet に記入する、みたいな。

いちおう、マネージャー・サポートエンジニアとして完璧ではないにしろある程度ちゃんと仕事したのでチームには感謝されていて、次のスペイン戦(来週!)にもぜひ一緒にって言われてんだけど、さすがにそろそろ本業に支障をきたす? あと、本業ではずっとパイロット的ポジションなのでマネージャーはあんま向いてない、というかやっぱ飛ばしたい? 飛べない DCL より飛べる JDL だわよ。もちろん日本でレースなくて暇をもてあましてたらまた行きたいけど!

当日のライブの録画(1 日目)はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=w9W_vyWnor4
2 日目のは会場の回線悪すぎてアップされてない)

J SPORTS でもダイジェストが放送される予定。
https://www.jsports.co.jp/program_guide/68206.html

DCL 2018 シーズンは全 6 戦。来週 7/4, 5 はスペイン・マドリード!闘牛場!これまた楽しそうなトラック!わたし行けないので英語ができてドローンレースわかってるマネージャー・エンジニア募集中です!

RACE #2 DRONE PRIX MADRID
https://www.dcl.aero/races/drone-prix-madrid/

DCL RACE #1 DRONE PRIX MUNICH / STAFF
Pilot (Captain): Junichi Goto / dknbFPV
Pilot: Kazuma Asami / kazuma_FPV
Pilot: Takumi Suzuki / TAKUMI
Pilot: Axel Mario Christopher Lengkong / AXL
Manager: Tomohiko Koyama / Saqoosha
Photo, Video, Food: Yuuki Oosaki
Team Owner: Yu Kotera

ニュースリリース
http://teamraiden.com/2018/06/23/news-10/
http://teamraiden.com/2018/06/25/news-11/

NETWORK SYMPHONY

開催期間が 3 ヶ月もあったのに残すところあと 20 日ほど・・・というところでまだやってるあいだに作りました報告。

上野の国立科学博物館で開催されている特別展「人体 ー神秘への挑戦ー」のなかの一角にある「ネットワークシンフォニー」というインスタレーションのテクニカルディレクションおよびプログラミングを担当しました。これは NHK スペシャル「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク」全 8 回を通して解説されていた「メッセージ物質」のやりとりを体感できるもの。各臓器がどういった意図でメッセージを発し、そのメッセージを受け取った臓器がどういった反応を起こすのかを、美しいビジュアルとサウンドで体感することができます。

流行りにのっかって TouchDesigner ぶっこんでみたんだけど、初めてすぎて勝手がわからなすぎて、コード書きたいぃぃぃってなったけど、まー、なんとか作りきりました。現場でコンパイルせずに結果みながらガシガシ内容変えていけるのはやっぱよいですな。(Max とかでもそうだけど。)

例によってメイキングメモ的なもの↓を書きましたので興味ある方はどうぞー。
Inside “NETWORK SYMPHONY”

制作チームのクレジットはこちら。
https://dotby.jp/post/network-symphony/

2017 年のおしごと

SNS にドローンの写真とか動画ばっかアップしてたら、あいつ仕事してないんじゃないか疑惑で心配されたりしたので、2017 年やったおしごとをまとめておきますね?

・・・

1. 大丸300周年記念インスタレーション「Flower Mirror」

大規模インスタレーション案件。メカ→ TASKO、デバイス→カンタさん、全体制御アプリ→わたし。これはブログ書いてたな。その後、Unite でちょっとメイキングの話したときの動画。巨大なやつを制御できるのは楽しかった。でかいのは正義。

2. YASUTAKA NAKATA OFFICIAL WEBSITE

やったのは全体のテクニカルディレクションとトップページのシェーダー 1 個書いただけですけれども。もともと CAPSULE、Perfume、MEG、きゃりーぱみゅぱみゅあたりが好物でしたので、中田事務所いって本人と打ち合わせしたのがハイライトでしたね?

3. ツンダミフェス演出

Lyric speaker の歌詞モーショングラフィック生成エンジンをライブ演出につかってみるという案件。これもブログ書いてる。石垣島いけてよかったね案件。

4. toio collection

toio っていうソニーが開発したトイ・プラットフォーム向けソフトの一つである toio collection にふくまれるゲーム企画・UX 開発、およびそのプロトタイプの開発しごと。わたしがやったのはチームが考えたゲームがほんとにおもろい?かを実際にうごくプロトタイプとして作るところ。無理やり Rust で書いてみたり、ロボット制御の勉強したりが楽しかったですね。(オフィシャルサイトのチームのとこに写真のってるよ?)

5. アルチンボルド展インスタレーション

ブログ記事こちら。これが今年いちばんヘビーだったやつかなあ。アイデアとしてはわりと誰でもおもいついてやりたくなる系なんだけど、実際やるとなると大変なやつ。Deep learning が話題になりつつも仕事でつかうポイントがなかなか無かったんだけど、ようやくここでつかえて TensorFlow, Keras あたりの経験・知識が増えたのが◎。

6. NHK 人体 神秘の巨大ネットワーク Web サイト

わたしがやったのはやっぱり WebGL まわりだけですけども。このシリーズ、小学校・中学校ぐらいに見てその CG 映像に衝撃うけて、パソコン買ってもらって 3D CG やって、CG 検定とかうけたりして、CG 専門学校行って、みたいな、わりと影響受けまくったやつ。(人体的な内容は別に・・って感じだけど ?) これ関連は来年ももう少し。

7. Lyric spaeker

実はまだいろいろやってたり。来年新しい発表があるかも?ないかも?

・・・

てなとこかな。

来年もおもろくなりそうな雰囲気が漂ってきていますので、また新しいチャレンジをいろいろやっていきたいですね!??✌️

ドローンレースやってみた(1年間ぐらい

わたしの今年の漢字は「飛」だなー?

2 月にレース機買って、4 月に JAPAN DRONE LEAGUE のレースに初出場して、そっから JDL 以外も含めると合計 9 レースぐらい、毎月遠征って感じでしたね。最初のレースは今見るとずいぶんひどいけど、JDL の 2017 年の全レースに出場した結果、年間ポイントランキング 11 位、エキスパートクラス第 3 位という結果に!やっほい!

賞状もいただきましたよ。

結果はともあれ、ようやく楽しく飛べるレベルになってきたのがよいですね。(ほんと数ヶ月前までは機体の整備不良連発でまともに飛ぶのも辛かったからなー。)

んで、どうもこの結果、来年からプロクラスに昇格との噂... もうこっから上は、謎の無職とかドローン練習場の人とかちっちゃいころから飛行機とかヘリとか飛ばしまくってる人とか、プログラマー兼週末レーサーにはなかなか厳しい感じなんだよなーーー。でも、JDL 2017 年全レース参戦した皆勤賞で、2018 年の全 JDL レース参加費無料権をいただいたので、来年も楽しくがんばるぞー。

かれあれあ たろん

いろんなフレームためすまえに操縦スキルアップ!と思ってたんだけど、ちょいまえに Liftoff に追加されたフレームに一目惚れしてしまった、Karearea Talon。アームが垂直だから空気が乱れなくていいとかどうとか(歯医者は否定的)、ネジ 2 本はずすと上がパカーと開いてメンテしやすいとか、そこそこ軽い(100g)とか、いまメインで使ってる Dquad Obsession より利点はいろいろあるんだけど、まー、見た目?w

んで、初飛行。飛びは悪くないんだけど FC がダメっぽい・・。モーター回しだすと OSD がチカチカしてほぼ見えない。Racerstar の FC + PDB + ESC + OSD 全部いりのやつなんだけど、うーん、コンデンサーつけてんだけどダメ。(そもそも FC に書いてある印の向きと加速度センサーの向きがちがくて、yaw direction を 270 に設定しないとダメだったり、印の向きまんまフレームにのっけると USB ポートつかえなくなったり、、、) Obsession で調子いい HOBBYWING の XRotor FC + 4 in 1 ESC に変えるかなー・・・。

他パーツリストはこつら。