Saqoosha

  1. About
  2. Archives
  3. Search
  4. Say
Language:

毎日 Mac の壁紙をいい感じのんにかえる

なんか最近ぼくの Mac の壁紙が毎日かわってることを指摘するひとがちょいちょいいるので、どうやってんのか書いときますね。

そんなマメな人じゃないので手作業で変えるなんてするわけもなく・・・ Kuvva っていうアプリをつかってます。(サイトがイラスト販売を中心につくられてるのでアプリがすげえ見つけにくいとこにリンクされてるんだけど、フッターにあります。こちら。iPhone 版もある。)

Web サイトでユーザー登録・ログインして好きなアーティスト・壁紙をチェック、アプリいれて同じ ID でログインすると、定期的に Web でチェックしたやつが壁紙に設定されるっちゅーわけ。そんなにすげえたくさん種類があるわけじゃないんだけど、クオリティ高くてぼくが好きなかんじのがけっこうあるので、ずーっとかれこれ 2, 3 年 ? つかいつづけてる。おすすめ。

Inside “dotby.jp 2015″

dot by dot inc. も設立から 8 ヶ月たって news やら work やらが増えてきたので、ちゃんとそゆのを伝えられるように昨年末リニューアルしました。dotby.jp こちら。んで、みためシンプルなわりに作る上でいろいろなことがあったので、久しぶりに Inside "dotby.jp 2015" として技術的なもろもろをまとめましたー。

・・・

そして、わたくし Saqoosha 36 さい、そろそろ弟子をとろっかなーと思っています。弟子をとる、というとちょっと偉そうなのであれですけども、これまでモノ作る上で得たいろいろのノウハウがこのままだと僕が死ぬと消えちゃうので(まだ死なないけど)、そういうのを引き継いで発展させれるような人を募集したいなーと。Inside "dotby.jp 2015" とか "Case Study: Inside World Wide Maze" とか "独自ツールを開発しながら生み出した、インタラクティブMV制作の裏側" を読んでワクワクできる人なら適性あり。Saqoosha の手の内をもっとしりたい!一緒につくってみたい!という 20 代のあなた。いますぐ GitHub のアカウントを書いて info@dotby.jp までご連絡をー。

進撃の巨人展、360°体感シアター “哮”

Yahoo! トレンドコースターにひきつづき、Oculus Rift コンテンツもういっこ作った―。(あー、トレンドコースター WebGL 版つくったこと書くのわすれてた。。。)

11 月 28 日から上野の森美術館で開催されてる進撃の巨人展のなかのひとつ、360°体感シアター “哮” ってやつのテクニカルディレクションと Unity によるオーサリング部分をわたしやりました。(ちゃんとしたクレジットは後日どっかで。)Oculus Rift つかうのは 2 回め(DK1 いれると 3 回目)だから、まー、余裕っしょーとかおもってたら、終盤、わりといろいろ苦労した。演出もっといれたい側と絶対フレームドロップさせられない側のたたかいw。5km 四方の街ぜんぶで 200 万ポリゴン、キャラクター一体あたり数万ポリゴン × 最大 10 人ぐらい、をわずか 10 数ミリ秒で描いちゃわないといけないてーのはすげえたいへん。Profiler で重いとこみつけて、MeshBaker でメッシュまとめて、occlusion culling ちゃんと設定して、シーンごとにそももそも見えないやつはあらかじめ disable しとく、とかとか、おかげで最適化 tips がいろいろたまった。Unity Editor が 32bit であることのメモリ限界とのたたかいもきつかった。メモリ不足で Unity 落ちてシーンファイル消えてやりなおし、ての何回やったか。。これはまー Unity 5 になって 64bit で動けば解消するんだろけど。

ってなわけで、完成した “哮”。現場での実際のお客さんのリアクションがすごくよくって、わずか数分の体験なのに感極まって泣いちゃったりとか、自然と最後にみんな拍手しちゃったりとか、ちゃんとファンのひとたちに楽しんでもらえるやつ作れてよかったなーって思うとどうじに、Oculus Rift のすごさも再認識。

どうやら土日は 120 分待ちとかになることもあるみたいなのだけど、平日は 30 分まちぐらいなので、期間も来年 1 月 25 日までわりとながーくやってるので進撃の巨人にあんまし興味ないひとも“哮” だけでも見に来たらいいんじゃないかな?!

ヤフートレンドコースターつくった

Yahoo! JAPAN - TREND COASTER

dot by dot inc. を立ち上げて最初のわたしのお仕事は、「ヤフートレンドコースター」のテクニカルディレクションと Unity + Oculus Rift のソフトウエアまわりでしたー。

“インターネット広告の未来” を体感できるコンセプトモデルの第二弾にあたる「ヤフートレンドコースター」は、昨年の「さわれる検索」にひきつづき私たちと博報堂ケトルAID-DCC Inc. のチームでつくりまーした(クレジットこつら)。リアルタイム検索の結果のグラフ(右上のやつ)をそのまんまジェットコースターにしたらトレンドが体感できるんじゃ?ってのをやってみたらこうなった。

いま話題の HMD、Oculus Rift (DK2) を装着することでバーチャル空間に生成されたジェットコースターをリアルに体感、んでさらにチェコ製ドライブシミュレーター Motion SIM を改造した筐体が映像に連動して上下左右最大 30 度に傾く、んでもってさらに Motion SIM に無理やり内蔵した工業用ファンからものすごい風圧、んで最後に水中へのスプラッシュを模した炭酸ガスが噴射!・・・てなかんじで思いつきそうなことはひと通り盛ってみた。

明日からの三連休、お台場の東京レジャーランドで乗れるので乗ってみて! 動画みてるのと実際に体験するのとはぜんぜんちがう! あと 9/17, 18 にも ad:tech tokyo で乗れるチャンスあるー。

「トレンドの波」を“体感”できる!世界初!SNS連動型バーチャルジェットコースター 『ヤフー トレンドコースター』開発 / プレスルーム - ヤフー株式会社
http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/09/11a/

水玉共和国通信 — ジェットコースターつくりました。
http://yusuke.ceo/post/97470822540

# Unity とか DK2 とかいろいろ技術ネタがたまってるので後日まとめて書く。

Laser Engraving MacBook @ FabCafe

dot by dot inc. 仕様の MacBook にしちゃおー!ということで、水玉模様を FabCafeレーザーマーキングしてきました。

イラストレーターでてきとうにデータつくって、MacBook と一緒にもってけばあとはスタッフのひとがやってくれるので待っとくだけ。9,800 円。この柄だとだいたい 20 分ぐらいでマーキング完了。位置合わせふくめて 30 分ぐらいかな。45 分超えるとついか料金。

レーザーで焼き付けちゃうのでミスっても直しようがないんだけど、まー、ミスるようなポイントほぼないのでだいじょぶ。ただ、あんましはしっこはせめすぎないほうがよいすね。MacBook 周囲の曲面になってるところは、レーザーの焦点がずれるからパワーが弱まってうすくなっちゃう。って、スタッフのひとには注意されたんだけれど、そのままやっちゃったw

10348625_10152145374501234_3819195528614417566_n